/* */

ビックマック指数から各国の様子を妄想してみる

2021-04-09

ビックマック

ビックマック指数は、イギリスの経済専門誌『エコノミスト』によって1986年9月に考案されて以来、同誌で毎年報告されています。ファーストフード店のマクドナルドの商品、ビッグマックが世界中で販売されていることを利用し、その価格を比較することでその国の購買力を測ろうとする経済指標です。

ビックマック指数を日本円に換算して比較してみた

米ドルで表記されているものですと感覚的に高いのか安いのか(相対的に購買力があるのか無いのか)がわかりにくかったので、その時折の為替レートで日本円に換算し、グラフ化しました。データーは、こちらから頂きました。エコノミストThe Big Mac index

米国、欧州

米国、欧州との比較です。2012年以降、米国と英国の価格が急激に高くなっていったように見えます。米国はトランプ政権になって経済が復調し、バイデン政権でも経済重視が示されて好調が続いています。スウェーデンとスイスは、総じて高い価格になっています。賃金が高いからなのでしょうか、生産効率が高い国としても知られています。英国は2016年からは、米国とは異なって低迷しています。EU離脱が関係しているのでしょうか。

中国、香港、台湾、インド、韓国

中国、香港、台湾ともに日本より低い価格になっています。爆買いを見るに購買力が低いとは感じませんが、生産効率の低さが影響しているのでしょうか。2021年、香港だけが急激に高くなっていますが、法律改正の影響でしょうか。インドは5年ほど中国から遅れて追従している感じです。韓国は日本よりも高い価格になっていますが近年下落傾向です。経済の先行き不透明感が出ているのかもしれません。

東南アジア

シンガポール、タイが日本より高い価格になっています。2012年あたりから急激に上昇しています。フィリピンにも一時期、抜かれていたようです。近年はベトナムの値も加わり、東南アジアの経済発展が著しいことがうかがえます。これらの国は、人口も増加傾向です。かつて日本が人口増加に伴って欧州を追い越していったように、東南アジアが日本を追い越していくのでしょうか。

日本はインフレが起きていない

これらのグラフを見てひとつ感じたことがあります。どの国も長期でみると価格は上昇傾向にあります。一方、日本はというと、かつて370円でスタートして、現在390円です。ビックマック以外にも食べ物があるから、値上げが出来ないのでしょうか?近年、日本はインフレ2%を目指していますが、なかなか実現できていないですね。

50代は常識を疑おう

いま、50代の方々は、親からお小遣いやお年玉をもらった時、「貯金しなさい」といわれて育ったと思います。あれは、国の政策で、戦後の復興のために資金を集めるのが目的とされています。「貯金は正義」と触れ回ったわけです。いまは、自身が「いざ」という非常時のためという意味合いが強いかもしれませんが、日本にはお金が無くても最低限生活できるセーフティーネットがあります。今の時代、過ぎた貯金は正義ではないでしょう。

もう一つ「いいものを安く、たくさん」って言葉、常識になっていませんか?松下幸之助さんの「水道哲学」です。松下さんがご活躍していた頃は、まだ生活水準が低く、一方で人口は爆発的に増えていた時代です。そのころから時代は移っています。先に示した通り、ビックマックの価格は30年間変わっていません。「いいものを適正価格で」と言われた時期もありましたが、「いいものは(買ってもらえる範囲で)より高く」という気持ちで丁度良いのかもしれません。

個人的な見解です。鵜呑みにしないでください。

間違っていたらごめんなさい。
いつもありがとうございます!
ポチっと押して頂けると頑張れます。
にほんブログ村 投資ブログへ 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ

思索

Posted by fuminox