「お金がたまる」我が家の家計を公表します

2021/10/23

我が家は毎月20万円を投資信託の購入にあてています。子供に手がかからなくなり、住宅ローンも完済していることが主な理由ですが、その他で参考になる項目があるかも…と思い、書き記しました。

我が家の家計一覧表

筆者の月給の使い道になります。妻の分は含んでおりません。

項目金額割合
住居費0円0%
食費50,000円14.3%
水道光熱費16,000円4.6%
通信費20,000円5.7%
自動車17,000円4.9%
生命保険料0円0.0%
日用品7,000円2.0%
医療費3,000円0.9%
教育費0円0.0%
交通費2,000円0.6%
被服費7,000円2.0%
交際費3,000円0.9%
娯楽費4,000円1.1%
小遣い10,000円2.9%
酒・タバコ1,000円0.3%
その他10,000円2.9%
貯金・投資200,000円57.1%
合計350,000円100.0%

家計一覧表の内訳

家族構成は大人3人、住居は持ち家完済なので、住居費は0円です。

外食はほぼしませんが、時々、総菜や弁当を買ってます。

時短のためには、インスタント食品、レトルト食品、冷凍食品、発酵食品、缶詰も活用します。

太陽光発電があり、電気代は10,000円程度です。水道代が3,000円。灯油代が3,000円です。

通信費には、プライムビデオ、Music Unlimited、Kindle Unlimited、disney+、楽天マガジンのサブスク代が含まれています。

自動車はコンパクトカー2台を保有。車検代と税金を月割にした額になります。

生命保険や民間の医療保険(入院費や手術費の補償)はかけていません。

日用品は、洗剤などです。

医療費は、月割した額です。歯のクリーニングなどを含みます。

教育費は、子供の大学授業料などが必要となりますが、妻のパート代で全額賄っています。

交通費は、子供の定期代です。ガソリン代は勤め先の通勤手当でプライベートの分も賄えてます。

着るものに頓着がないので被服費は安めです。

交際費は、主にお祝い、贈答品のお返しにかかる費用です。

娯楽費は、ゲームと本と自転車のパーツ代です。

無料のゲームはやりません。ゲーム内課金の誘惑に勝てないからです。

小遣いは、子供の小遣い代です。筆者の分は基本0円です。最近は飲み会もありませんし。

タバコは吸いません。普段、晩酌していません。

その他は、突発的な変動費や家などの修繕費です。

毎月20万円を強制的に積立投資しています。残ったお金でやりくりしています。

これらの支払いと投信購入をクレジットカードで行うことで、毎月5,000ポイントほどを得ています。

普段、家計簿はつけていません。クレジットカードの明細がそのまま家計簿の代わりになってます。

現金貯金と投資金額の割合

筆者は2年間無収入で暮らせる現金を常に確保しておきたいと考えています。

そうなると、月150,000円×24か月=3,600,000円となります。

これに子供の教育費を加えた額が必要となります。

これ以外は、差し迫って必要のないお金と考えていて、全額投資に回しています。

とは言うものの、すべてハイリスクな投資先ではなく、リスクの低い債券の投資信託を含みます。

お金を使うとき、踏みとどまるコツ

お金の使い方は、「消費」、「浪費」、「投資」があります。

「消費」は人が生きていくうえで必須なお金です。主に食費、住居費、被服費のことです。

「投資」は、株や投資信託を購入することだけではありません。

教育費や娯楽に含まれる「本」や「自転車パーツ」も含まれます。

「自転車パーツ」は、運動することで体力を維持し、将来の医療費を削減することが期待できるからです。

考え方によっては、交際費も「投資」となるでしょう。将来一人で過ごすことは余計な出費につながるかもしれません。

親戚や友達を大事にすることが、孤独になることを防ぐ働きを成すでしょう。

「浪費」はこれら以外の出費のことです。

使う前に「消費」か「投資」になるか少し考えるだけで「浪費」を防ぐことができるようになります。

筆者は、浪費に含まれるものの一つに生命保険があると考えています。

貯金がまだ少なく、子供が小さい頃は、万が一を考え生命保険に入ることがあると思います。

これは「浪費」ではないと思います。

しかし、子供が18歳を過ぎた後は、不要と考えてます。遺族年金や学資ローンなどで賄うことができるからです。

計画を立てて適度に浪費する

すべての浪費がいけないとは思っていません。

筆者は、計画的に浪費しています。

定期的に旅行へ行くことや、記念日と称してケーキなどを買ったりします。

適度に浪費しないと鬱憤がたまり、ドカンと使ってしまう恐れがあるからです。

これらの浪費は別会計だったり、使途不明金になったりしています。

おまけ

コンビニやショッピングモールには、なるべく行かないようにしています。

お金を使う誘惑に勝てないからです。お店の方々が全力で買わせようとしているので太刀打ちできません。

ゲームや本で充実感を保ちつつ、無駄な外出をしなければ、お金をためることができます。コロナ禍で改めて思いました。

皆さんのご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
応援のポチっを押して頂けると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログへ 人気ブログランキングへ 稼ぐブログランキング

節約

Posted by fuminox