Tポイントで投資信託を買う方法

2021/03/20

お金で投資信託を購入するのは抵抗があるけど、ポイントでならやってみようかなと思った方、ポイントを使うことがちょっと恥ずかしくて、ついつい集めることだけになっている方は、ぜひこの機会に始めてほしいと思います。

SBI証券ではTポイントで投資信託を100円から1円単位で買うことができます。スマホだけで口座開設から、購入まで完結できます。ぜひ元手0円で投資デビューを果たしましょう。

SBI証券の口座を開設しましょう

投資信託を買うために証券会社の口座が必要です。Tポイントで投資信託を買うための証券会社はSBI証券がお勧めです。口座の作成や維持管理にかかる費用は無料です。

手数料格安No.1のSBI証券

リンク先では、 口座開設にすすむをタップします。

メールアドレスを登録します

メールアドレスを登録するように促されますので、入力してメールを送信をタップします。

メールアドレスは、GmailなどのフリーアドレスでもOKです。

認証コードの入力

先ほど入力したメールアドレスに6桁の認証コードが送付されます。

その認証コードを入力して「次へ」をタップします。

認証コードは60分間有効です。60分を過ぎたら、最初からやり直ししましょう。

お客様情報の設定

居住地の確認

「居住地国は日本のみ」を選択します。収入の課税が日本であれば、こちらの選択でOKです。

お客様情報の入力

以下の情報を登録します。

「お名前」

「名前のフリガナ」

「生年月日」

「性別」

「電話番号」(携帯電話課OKです)

「メールアドレス」(すでに入力済です)

「郵便番号」

「住所」

「住所のフリガナ」

口座種別の選択

納税方法の選択では、「SBI証券に任せる」でOKです。

一般的には、”特定口座-源泉徴収あり”と呼びますが、覚えなくてもOKです。

次は、

本年1月1日時点で住民票があった都道府県を選びます。今、住んでいる住所と違いがなければ選択不要です。

次は、

NISAの選択です。「積み立てNISAに申し込む(無料)」をお勧めします。

後から変更することができます。一旦、「申し込まない」にして後から申し込むことも可能です。

住信SBIネット銀行 口座開設同時申し込みの選択

住信SBIネット銀行に口座を持っていない場合は、ここで同時に申し込みができます。

また、後から個別に申し込むことも可能です。

ここでは、「申し込まない」を選択しましょう。

SBI証券Tポイントサービス申し込み

ここは、必ず「申し込む」を選択しましょう。

このページでの入力は以上です。

選択肢をすべて埋めて「次へ」をタップしましょう。

規約の確認

包括告知及び届出、電子交付サービス等の承諾、重要書類の同意

[PDF]各種規約等を確認する をタップして、規約の内容を確認しましょう。

OKであれば、下の方にある□をタップしてください。チェックマークが入力されればOKです。

SBI証券のiDeCo資料請求

[PDF]各種規約等を確認する をタップして、規約の内容を確認しましょう。

OKであれば、下の方にある□をタップしてください。チェックマークが入力されればOKです。

ポイントサービス

[PDF]各種規約等を確認する をタップして、規約の内容を確認しましょう。

OKであれば、下の方にある□をタップしてください。チェックマークが入力されればOKです。

3か所のチェックマークの入力が完了したら、「同意する」をタップします。

入力内容の確認

今まで入力した内容が表示されますので、内容を確認しましょう。

修正する箇所があれば、「入力内容の修正」をタップしましょう。

OKであれば、「口座開設方法の選択へ」をタップします。

口座開設方法の選択

スマホで本人確認書類(マイナンバーカードが最適)の写真を撮影して送信できる方は、「ネットで口座開設」を選択して「申し込む」をタップしましょう。

マイナンバーカードを持っていない方は、通知カード+運転免許証で対応可能です。

まず、本人の顔写真を送信します。

次に本人確認書類を送信します。

本人確認書類の撮影は、表と裏と厚みの撮影が必要です。

詳しくは、以下のページを参照してください。

時間がかかってもOKな方は、郵送で口座開設を選択しましょう。

返信用封筒が送られてきて、 本人確認書類(運転免許書など) のコピーを送り返すことで、口座開設が完了します。

こちらの場合は、厚みの撮影は必要ありません。

表と裏のコピーのみでOKです。

これで口座開設の手続き完了です

お疲れさまでした。

これで証券口座の開設手続きは完了です。

「ネットで口座開設」 を選択した方は、しばらくすると口座ログイン用のIDとパスワードがメールで送信されてきます。

「 郵送で口座開設」を選択した方は、本人確認書類を郵送した後、IDとパスワードが郵送されてきます。

証券口座にログインしましょう

まずは、Google検索で”SBI証券”と打ち込み、検索しましょう。

上記のリンク「https://www.sbisec.co.jp」のところをタップします。

このような画面が出ます。

右上のユーザーネームの欄にログインIDを入力します。

パスワード欄にパスワードを入力します。

「ログイン」をタップします。

これでSBI証券にログインが出来ます。

Tカード番号の登録をしましょう

入力画面までたどり着く

ログインすると上のほうが、このような画面になります。

ここで、上部にある「口座管理」をタップします。

次に「お客様情報 設定・変更」をタップします。

次に「ポイント・外部ID連携」をタップします。

少し下の”ポイントサービス”の右のほうに「保有Tポイント数・履歴はこちら」がありますので、これをタップします。

「Tカード番号登録」の右側に「実施する」がありますのでタップします。

規約を確認し、SBI証券とyahooのパスワードを入力する

規約画面が出ますので確認した後、下の方の□をタップしてチェックマークを入れます。

その下の欄に”取引パスワード”を入力します。

!!!! ご注意 !!!!

取引パスワード欄には、”SBI証券の”取引パスワードを入力してください。Yahooのパスワードではありません。

また、 ”取引パスワード”と”ログインパスワード”は別のものであり区別されています。ここでは” 取引パスワード ”です。

次にをタップします。

画面が切り替わって、Yahooのログイン画面が出てきます。

YahooのIDとパスワードを入力してログインしてください。

Tポイント番号を確認します

ログイン後、画面がSBI証券に戻り、Tポイント番号が自動で入力されます。

入力された番号を確認しOKならば、「登録する」をタップします。

これで、Tポイント番号がSBI証券に登録されました。

以下のSBI証券の説明ページが参考になります。

Tカード番号を登録する方法

投資信託を選びましょう

購入する投資信託を選びます。

おすすめは信託報酬という手数料が2%以下のものです。

選ぶ方法について解説した関連記事があります。ぜひ参考にしてください。

ちなみに、筆者がよく購入しているのは、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」です。

”S&P500”で検索すると出てきます。

実際に購入してみよう

SBI証券のメニューでは、投資信託をと省略して表現されています。

これをタップします。

左の”投資信託を探す”でファンド名(S&P500など)を入力し、検索をタップします。

一覧表が表示されますので、目的の投資信託を見つけて、ファンド名をタップします。

金額買い付けのボタンが出ますので、これをタップします。

目論見書、目論見書保管書面が出ますので確認し、「同意して次へ」をタップします。

購入金額欄に金額(ポイント数)を入力します。

下に”ポイント利用”の選択がありますので、「すべて利用する」をタップします。

分配金受取方法は、「再投資」を選択(タップ)します。

分配金を受け取ると、その分配金に都度、税金がかかりますので、再投資することをお勧めします。

取引パスワードを入力して、「注文確認画面へ」をタップします。

確認画面が出ますので内容を確認し、OKならば「注文確定」をタップします。

これで、投資信託をポイントで購入することが出来ます。

購入した投資信託が口座に反映されるまでの日数

購入した投資信託によって変わります。

すぐには反映されません。

国内資産のみであれば4日、海外資産も組み込んでいるのであれば5日ほどかかります。

まとめ

  • Tポイントで投資信託を購入することが可能です。100ポイントから購入可能です。
  • 最初にSBI証券に口座を作成します。作成、管理維持手数料は無料です。
  • 口座が出来たら、ログインし、”Tポイント番号登録”でTポイントとSBI証券を連携させます。
  • 投資信託を選定した後、「金額買付」で、買付金額を入力し、ポイント利用で「すべて使う」を選択します。
  • 分配金は「再投資」を選びましょう。
  • 注文内容の確認はしっかり行いましょう。すぐには口座に反映されません。4~5日待ちましょう。