節約を実行する前に考えるべき思考法

このような状態になることが分かっているならば、当然、この節約案を実行してはいけません。
損することになって、節約にならないからです。

以下に例をいくつか用意しました。これを使って損か得かを確認する方法を見てみましょう。

待機電力を下げるためにON/OFFスイッチ付きコンセントを購入する

洗濯機、電子レンジなどの電気機器はプラグをコンセントに差し込むだけで電気を消費します。

この差すだけで消費する電力のことを待機電力と呼びます。

よく巷では、待機電力はもったいないから、使い終わったらコンセントからプラグを抜くことを推奨しています。

ですが、その都度抜き差しすることは面倒なため、以下のようなON/OFFスイッチ付きコンセントを購入しようと考えた方もいらっしゃると思います。

ヤザワ製Y02F110WH

このコンセントは、350円程度で販売していますが、はたしてこれを購入することは節約になるのでしょうか?

答え:なりません。

待機電力にかかるお金を計算する

近年販売されている洗濯機や電子レンジの待機電力は1時間で0.1W程です。

電気代は、1kWあたり25円で計算します。1kWは1000Wですので、1Wの料金は0.025円です

よって、 洗濯機や電子レンジの1時間あたりの待機電力代は、0.025円×0.1W=0.0025円です

ごくわずかな金額ですね。

350円のON/OFF付コンセントは何年で元が取れるのか

350円を0.0025円で割り算します。そうすると元が取れるまでの時間が計算できます。

350円÷0.0025円=140,000時間≒16年

16年経ってようやく元が取れます。

抜き差しが面倒な方は、素直にあきらめたほうが良いようです。

というより、抜き差しを16年続けて350円の節約ですから、やらない方が良いでしょう。

このように、道具を使って節電する場合は、その道具の価格次第で全く得にならないことが発生します。

ちなみに、エアコンや炊飯器にも待機電力はかかります。

しかし、これらの機器には時計が組み込まれていて、プラグを抜くと時計がリセットされてしまう場合があります。

こういった面倒が発生する機器の待機電力についてもあきらめることが肝心です。たぶん長続きしませんから。

照明の電気代を下げるために蛍光灯電球をLED電球にする

電気代節約といえば「LED電球に交換!!」となる事が多いですが、電球型蛍光灯との比較でなら、どの程度の節約になるのでしょうか?

LED電球
電球型蛍光灯

答え:年間300円です

現在のLED電球60W相当品の販売価格は、400円(ダイソー)です。

以前は3,000円くらいしていましたから、ずいぶん安くなりました。

ダイソー製品は、他メーカーの高額なLED電球と比べて演色性…

”物体を照らしたとき、その物体の色の見え方に及ぼす光源の性質”

は劣るといわれていますが、階段や物置であれば問題は無いと思われます。

うまく使い分けしましょう。

LED電球への交換で節約になるのはいつから

答え:1年半後からです。

計算の過程は、以下の通りです。

電球型蛍光灯の消費電力は1時間当たり13Wで、もう一方のLED電球は、1時間当たり8Wです。

その差は、13W – 8W = 5Wとなり、電気代に換算すると、1時間当たり、5W × 0.025円 = 0.125円です。

電球は夜に使うので1日当たりの使用時間を6時間として節約額を計算すると、6時間 × 0.125円 = 0.75円/日です。

400円のLED電球の元を取るためには、400円/0.75円≒533日(1年半)かかります。

元が取れるのは1年半後です。そこから先が利益(節約)になります。

とはいえ、節約額は年間300円程度です。

今使っている電球型蛍光灯が切れてしまってからLED電球に替える感じで良いでしょう。

トイレの照明を人感センサー付きLED電球に交換する

トイレの電灯の消し忘れは明らかに電気の無駄です。

では、どのくらいの電気代が無駄になっているのでしょうか?

答え:1年間で219円です。

消し忘れによる電気代の無駄

1日1回、家族の誰かが3時間消し忘れたとしましょう。

LED電球60W相当品 1時間当たりの消費電力は 8Wです。

3時間消し忘れたときの電気代は、0.025円 × 8W × 3時間 = 0.6円です。

1年間では、0.6円 × 365日 = 219円になります。

人感センサー付きLED電球とは

周囲が暗い状態で人が近づいてきた時だけ、光を発する機能を備えたLED電球です。

価格は、2,000円程度ですので、電気代だけで回収しようとすると、9年かかる計算になります。

2,000円 ÷ 219円 ≒ 9年

少々、回収期間が長い感じがしますね。

あきらめて消し忘れが発生しても放置していた方が良いのでしょうか。

でも、この電球は自動でスイッチを切り替えてくれて便利です。

合理的な判断で採用するには、どうすれば良いでしょうか。

自動でスイッチを切り替えてくれる機能はいくら?

スイッチに触れずとも自動で点灯、消灯してくれる便利な機能をお金に換算するといくらになるでしょうか。

これは、「スイッチを代理で押してくれる人がいたら、その人にいくら支払うか」と考えればいいのです。

100円では高すぎますね。1円ならどうでしょう。

仮に1円として、この機能の値段を計算してみます。

家族が4人いるとして、一人1日に7回トイレに行くとします。

1日あたりの機能の値段は、4人×7回×1円 = 28円 です。

1年間では、10,220円にもなります。

機能をお金に換算するという手法

今までの例では、単に電気代が少なくなるという機能のみでした。

今回の例では、電気代が少なくなる上に、スイッチに触って操作する必要が無くなるという機能が付いています。

さらにスイッチに触らなくなると、スイッチ本体の拭き掃除もいらなくなるという機能もあります。

これら機能をお金といういわば、共通言語に換算して比較するという手法は広くビジネスではよく使われています。

ぜひ、活用してみてください。

まとめ

・世間で言われている色々な節約方法は、条件がそろわないと効果が出ない場合があります。

・効果があるかどうかは、計算して合理的に判断することが出来ます。

節約は、「お金が減らない」だけでなく、「生活が便利になる」ということも取り入れましょう。

「便利」をお金に換算し、かかる費用と比較することで、合理的な判断が可能です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
応援のポチっを押して頂けると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログへ 人気ブログランキングへ 稼ぐブログランキング

節約

Posted by fuminox