日本の物価の推移をグラフにしてみる

物価推移

1971年からの日本の物価をグラフ化しました。
物価の推移をみるのにお役立てください。

総合指数・前年同月比の推移

総務省統計局のデーターを使ってグラフ化しています。
前年同月比とは、前の年の同じ月と比較して比率を計算したものです。
つまり、1年でどのくらい物価は上がったのか?を表しています。

2022年総合・前年同月比の推移


年単位でグラフ化しました。
消費税アップ以外では30年ぶりの物価上昇です。

総合・前年同月比の推移




直近の消費者物価指数

1月19日に「2023年12月分」と「2023年の平均」の公表がありました。

日本の消費者物価指数とは

  • 衣料や食料品など582品目の価格の変化を指数化
  • 2%が適正とされています。<日銀の金融政策>
  • 超えるとインフレ未満でデフレと呼ばれます。

日銀の金融政策

日銀は、

安定した2%超のインフレ継続

を目標としています。

2%の「物価安定の目標」<日銀ホームページ>

消費者物価指数の公表値

以下のリンクが参照元です。

2023年(令和5年)12月分及び2023年(令和5年)平均

項目前回値予想値結果
総合指数2.8%2.5%2.6%
コア指数
(生鮮食品を除く指数)
2.5%2.3%2.3%
コアコア指数
(生鮮食品及びエネルギーを除く)
3.8%3.7%3.7%

筆者は「指数の水準」、「前回値との変化」、「事前予想値との乖離」の3点について見ています。

  • 目標である2%は超えている状態。
  • 総合は前回から0.3%減少。
  • コアコア指数も、前回から0.1%の減少。
  • 引き続きインフレ率が減少傾向。
  • 予想値と同じ値でサプライズ無し。




物価上昇の内訳

2023年12月における前年同月比で物価上昇が大きかった品目をピックアップします。

中分類中分類の上昇率代表的品目品目の上昇率
家事用消耗品12.6%トイレットペーパー16.6%
通信4.8%通信料(携帯電話)11.0%
教養娯楽サービス10.5%宿泊料59.0%
教養娯楽用品4.8%ペットフード25.8%

通信料(携帯電話)が値上げされていたこと、気づいていたでしょうか?

プランの通信量(ギガ)を増量し、「ギガ当たりの料金(単価)を値下げしました」と言って、月に支払う金額をアップしたのです。

従来の通信量で満足していた人にとっては「実質値上げ」に映るでしょう。実際、家計に占める通信料は増えたのですから。

エネルギー価格は下落

前年同月比で、電気代 -20.5%、ガス代 -13.8%
エネルギー価格は大きく下落しました。

2023年(1年間の平均)の内訳

2023年の1年の間、物価を押し上げた品目をピックアップします。

中分類中分類上昇率代表的品目品目上昇率
家事用消耗品11.7%洗濯用洗剤13.1%
通信6.2%携帯電話機9.8%
教養娯楽サービス4.1%宿泊料17.3%
教養娯楽用品6.0%ペットフード20.3%

洗濯用洗剤の値上げは、原材料高と円安のダブルパンチがその理由です。界面活性剤の原料の多くが輸入に頼っていますので。

携帯電話機はシェア率5割の iPhone大幅値上げ(円安)が利いているのでしょう。今年から1円携帯が終了となるため、引き続き携帯電話機の価格上昇は続くと思われます。

宿泊料はコロナ禍で2022年が安すぎた反動。補助金効果も影響を大きくしています。

ペットフードは輸入品の占める割合が4割、円安の影響、原材料(小麦)の高騰、需要の高止まりで値上げが止まりません。

生鮮食品を除く総合・前年同月比の推移

総合から変動の大きい「生鮮食品を除いた」指数です。
目先の上下に捕らわれない長期的な方向を示す指数と言えます。

2022生鮮食品を除く総合・前年同月比の推移


年単位でグラフ化しました。

生鮮食品を除く総合・前年同月比の推移




生鮮食品及びエネルギーを除く総合・前年同月比の推移

「生鮮食品」に加えて変動の大きい「エネルギーを除いた」指数です。
より実質的な物価の変動を示している指数と言えるでしょうか。

2022生鮮食品及びエネルギーを除く総合・前年同月比の推移


年単位でグラフ化しました。

生鮮食品及びエネルギーを除く総合・前年同月比の推移

おススメ書籍

お金のことを知らなくても「誰かが何とかしてくれるだろう」と思って何もしないでいると「人口減少」、「格差社会」、「AIの進化」でどんどん置いて行かれます。いま自分の頭で考え、思考停止せず、他人まかせにしないことがとても大事です。

日本の借金が世界一になって大変だと言っていますが、いったい誰が大変なんですか?国民資産は1京2000兆円を超えていて世界有数のお金持ち国民なんです。一方、財務省はことさら借金の話ばかりします

将来を不安に思い、文句を言いながら選挙で投票したって何も変わりはしません。変わると思っているのは自分だけかも?と疑ってみてはどうでしょう。お金で幸せは買えませんが、手助けはしてくれます。政治が変わるよりも自分が変わる方が容易いのは事実です。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して頂けるとすごく嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ