金へ投資する手数料を比較

金へ投資する手数料を比較

インフレが進むときは、現金の価値が目減りしていきます。

現金価値が下がっても損しないためには、現金を「もの」に替えます。

そんな時に思い浮かぶのが「」です。


さて、「金」はどこに売っているのでしょうか。

テレビのCMで純金積立って聞いたことあると思います。

もし実際に買うとなると、どのくらいの手数料が必要?


純金積立の他に「金」へ投資する方法はないのか?

そんな疑問にお答えします。手法ごとにかかる手数料を比較してみました。

結果、「金」に投資するには、証券会社でETFの形で購入するのが一番安いです。


ただし、口座開設の敷居が高いコモディティー(先物取引)やCFDは比較対象から除外しています。

純金積立の手数料

専用の口座開設が必要です。

小額からの積み立てで購入することが出来ます。

そのとき、購入額の1.5~2.5%程度の取引手数料がかかります。

さらに、購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、費用がかかります。

取引所によって、年会費、保管料がかかることがあります。

国内ETFの手数料

金へ投資できる国内ETFは以下の通りです。

1326 SPDRゴールド・シェア
1328 金価格連動型上場投資信託
1540 純金上場信託(現物国内保管型)

購入時と売却時の手数料は、購入金額が100万円以下で、証券会社を選べばゼロ円です。

しかし、ETFには信託報酬(年率)がかかります。

銘柄コード銘柄名(略称)信託報酬最低売買価格
1326SPDRゴールド・シェア0.4%19,400円程度
1328金価格連動型上場投資信託0.55%53,000円程度
1540純金上場信託「金の果実」0.539%6,400円程度

人気、流動性が高いのは、1540 純金上場信託「金の果実」です。

そして、このETFの最たる特徴は、金の現物に交換が可能です。


上記以外にも信託報酬が安いETF銘柄がありますが、流動性が低いため除外しています。

投資信託の手数料

投資信託で金に投資する場合は、証券会社の口座から購入が可能です。

ETFとは違い、小額(100円)から購入することが出来ます。


ですが、多くの投資信託は、手数料が高めです。

保有している金額の1~2%の信託報酬(年率)がかかります。

また、取引所によって購入時手数料が1%ほど必要。


唯一、以下の銘柄は信託報酬が0.275%と安く、購入や売却時に手数料がかかりません。

総資産額がまだ20億円と小さく、償還の可能性がありますが、検討の余地ありです。

銘柄名TAM-SMTゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジなし)
純資産2,024百万円
信託報酬0.275%(年率)
購入時手数料なし(SBI証券、楽天証券)
解約時手数料なし
NISA購入可能
積立NISA購入不可

上記商品の「為替ヘッジあり」の商品もあります。


また、手数料は安いですが、総資産額が小さくておすすめできない商品があります。

総資産額が大きくなれば紹介リストに加えたいと思います。





金を測る「ものさし」はドル

私は金価格の高い安いは、ドルで判断するのが良いと考えています。

ドルは基軸通貨であり世界中で通用する通貨です。

世界の投資家と同じ目線で市場を見るには、ものさしをドルにすると良いのです。

50代の投資先として金は有望

金は、株価が大きく下落するときでも、それほど大きく下落しません。

よって、株が急落しているときは退避場所に使われることもあります。


リーマンショックの時、株は50%以上も下落しましたが、金は10%ほど下げ、その後すぐ元値にもどりました。

株が元値にもどるまで5年の歳月をかけている間、金は上昇を続け2倍に達しました。


以下の図は、楽天証券から引用した金の長期間チャートです。

金は、インフレ、株価下落においては、最強の防御力を持っています。

すでに高値圏にある金ですが、安全資産として保有することは「あり」と考えています。

とくに、50代になってからの投資先としては安定度の高い「金」は魅力的です。

まとめ

現時点での手数料比較では、金のETFを証券会社で購入する方法が一番割安と思われます。

ETFに比べて純金積立、投資信託は手数料が割高なため、具体的な取引所や銘柄を明記しませんでした。

手数料がETFと同等になったら、おすすめとして明記するようにします。

50代以上の投資先としてインフレヘッジが出来て、比較的リスクの少ない「金」は有望と考えています。


最後まで読んでいただき、ありがとう!
ポチっと押して頂けると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ FC2ブログランキン