初心者におすすめな証券会社☆

2021-03-28

初心者におすすめな証券会社
初心者におすすめな証券

投資を始めるためには、まず証券会社の口座を作ります。どの証券会社が良いのか比較、検討の結果、楽天証券とSBI証券の2社が良いと思います。すべてに優れているわけではありませんが、非常にバランスが取れていると思います。

投資信託の売買手数料と銘柄数

初心者は、株の売買よりも、投資信託の売買から始めるとよいと思います。理由は、100円から始めることが出来るためです。株も数百円から始められますが、スタートはキリの良い数字で始めると、その後の値動きがわかりやすいですし、トータルいくら投資したかの計算もしやすいです。

この時、重要視したいのが手数料です。買う時に売買金額の数パーセントの手数料がかかり、差し引かれるとそそこから利益を出すのは困難になります。

投資信託であれば、絶対、ノーロードと呼ばれる買付時の手数料が0円になっているものの中から選びましょう。また、そういう銘柄を多く取り揃えている証券会社に口座を開きたいところです。

楽天証券SBI証券
ノーロード投資信託数189銘柄130銘柄
楽天証券の口座開設申込が出来ます
楽天証券

株の売買手数料

投資信託に慣れてくると、個別の会社の株を売買したくなるかもしれません。これも投資信託と同様、手数料が高い場合は、利益を得るためのハードルが高くなります。

楽天証券SBI証券
1日の約定代金合計いちにち定額コースアクティブプラン
100万円まで0 円0円
200万円まで2,200円1,278 円
300万円まで3,300円1,718円

・SBI証券は300万円超は、100万円増加毎に440円ずつ増加。
・楽天証券は300万円超は、100万円増加毎に1100円ずつ増加。

SBI証券は「アクティブプラン」、楽天証券は「いちにち低額コース」で100万円までの購入は0円です。200万円の株を買おうと思ったら2日に分けて購入すれば0円で済みます。この様に「買い時」をあまり気にせず、手数料を節約しては、ほくそ笑んでいるのが筆者です。

SBI証券の口座開設申込が出来ます
SBI証券[旧イー・トレード証券]

ポイントサービスの充実

クレジットカードを使うことで売買代金に対し、ポイントが付く証券会社があります。今後、同様な対応を行うう証券会社も増えてくると思われます。手数料とは逆に、より多くのポイントが得られれば利益も出しやすくなります。筆者は当然のごとく、もらったポイントで新たに株や投資信託を追加購入しています。

楽天証券SBI証券
ポイントサービスの種類楽天スーパーポイントTポイント
投資信託購入時のクレジットカード支払い売買代金の1%付与無し

スマホアプリの出来映えと情報収集

頻繁に売買するつもりがないならば、あまり重要ではないかもしれません。「ほったらかし」を標榜する筆者はほとんど使っていませんが、日々の値動きや情報を取るためには重宝します。

楽天証券SBI証券
日経新聞 朝刊、夕刊
四季報

特徴のある証券会社

上記2社はバランスが取れていて普段使いに問題はないと感じています。一方、特定の機能に特化した証券会社もあります。少し紹介したいと思います。

サクソバンク証券

投資信託は配当金の再投資を自動でおこなってくれます。ほったらかしにするには必須の機能ですが、ETF(投資信託より手数料が少なく、株と同様に売買できる分散型投資先)には、自動で再投資する機能がありませんでした。ですが、サクソバンク証券は、日本国内では唯一、配当金再投資(DRIP)サービスを行う会社です。一般口座のみの取り扱いのため、初心者にはお勧めできませんが、こうしたとがった会社もあるよということで。

サクソバンク証券

ネオモバイル証券

100円から設定OK!株の「定期買付」が可能です。1株単位で売買できる会社は多いですが、1株から定期買付できる会社は少ないです。株で始めて見たいという方はおすすめです。

SBIネオモバイル証券の口座開設申込が出来ます
SBIネオモバイル証券

まとめ

  • 普段使いであれば、楽天証券とSBI証券のどちらか、もしくは両方であると筆者は思います。
  • 日経新聞を無料で読むには、楽天証券口座が必要です。四季報は、2社とも閲覧可能です。
  • 株の売買は、2社とも100万円までは無料です。
  • 楽天証券は、投資信託購入時の支払いをクレジットカード払いにすると1%ポイントが付きます。
  • サクソバンク証券は国内唯一、ETFの再投資自動化ができる会社です。
  • ネオモバイル証券は国内株1株からの定期買付ができる会社です。
いつもありがとうございます!
ポチっと押して頂けると頑張れます。
にほんブログ村 投資ブログへ 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ