/* */

株 vs 投資信託 あなたはどちら向き?

株の方が向いている人と投資信託の方が向いている人がいます。むろん、両方を使い分けて併用することもありでしょう。両者の最大の違いは、昼間目まぐるしく変化する評価額で売買するか、その日の終値でのみ売買するかです。

投資信託の申込日と約定日と受渡日

どちらが良いか知るためには、仕組みを知る必要があります。おさらい的に投資信託を購入した時の流れを振り返ります。

投資信託の特徴

投資信託の購入単価は、申込日の終値、もしくは翌日の終値から算出され、決定します。終値で決定されるので、市場とにらめっこしながら購入する必要(意味)は無くなります。

投資対象が国内の場合

申込日と約定日は同じにになることが多いです。約定した単価は、市場終了後の終値で算出されます。

投資対象が海外の場合

申込日の翌日が約定日になります。申込日の海外市場終了後の終値、その翌日朝の為替値で算出されます。

投資対象が国内+海外の場合

申込日の翌日が約定日になります。海外分は申込日の海外市場終了後の終値、その翌日朝の為替値で算出、国内分は翌日の市場の終値で算出されます。

注文の取り消し

申込の締め切りは、その日の15時になる場合が多いため、15時を過ぎて申し込みをした場合は、翌日が申込日になり、翌々日が約定日になります。
申し込んだ後、15時をまたいでいない場合は、申込の取り消しが可能です。

約定結果の反映

約定の結果は、約定した日の深夜(AM2:00~4:00のデーター処理時間後)に反映されます。
受渡日は、投資信託によって異なります。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、営業日2日後となっています。実際のお金の引き落としは、この日に行われます。
NISAなどの購入時期に期限がある場合、この受渡日が期限内に入ることが必要です。

株の注文と約定日と受渡日(日本株)

株の特徴

株の約定は、市場が開いている間のみとなります。(例外として時間外取引があるが割愛します)
市場が開いている間は、常に価格が変動しています。要は、注文をしたタイミングによって売買価格は変化します。よって、少しでも安く購入したい場合は、市場の価格を目で追いながら注文を出すことになります。

約定日

成り行き注文であれば、注文を出した日が約定日です。

受渡日

受渡日は、約定した日の翌々日です。
NISAや、配当狙いなど、購入時期に期限がある場合、この受渡日が期限内に入ることが必要です。

投資信託での資産形成が向いている人

  • 長期投資目的で日中は忙しい人(仕事、学校、子育てなど)
  • 長期投資目的でほったらかしにしたい人
  • 理由①:投資信託は配当金の再投資を自動で行うことが出来ます。ほったらかしで再投資が可能です。
  • 理由②:金額指定で購入が可能です。株価の変動で出金額が変動しないため、約定結果の確認は基本不要。
  • 理由③:終値で価格が決定するので日中の変動が気にならない(はず)。

株での資産形成が向いている人

  • 銘柄選択を楽しみたい人
  • 短期で売買して結果を出したい人(射幸性高い)
  • (性格上?)ほったらかしに出来ない人
  • 理由①:うまくハマれば、日経平均株価よりも良いパフォーマンスを出せます。ですが、うまくハマって利益を出すことが出来る人は、全体の数パーセントだそうです。
  • 理由②:個別株によっては、変動幅が大きく、機会が多く、リターンも大きい。しかし、この場合、損失の可能性も高くなるため、損切出来るスキルが必須。

まとめ

  • 本業があり、日中忙しい人は、投資信託をお勧めします。
  • まとまった資金を用意できない人は、少額から始められる投資信託をお勧めします。
  • 投資を楽しみたい、ギャンブルようなワクワク、ドキドキを得たい人は個別株が良いでしょう。

筆者は、個別銘柄の株は所有していません。TOPIXや日経平均株価指数に連動するETFは昔購入したものを所有しています。

いつもありがとうございます!
ポチっと押して頂けると頑張れます。
にほんブログ村 投資ブログへ 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ